お金は生活の中心

このサイトでは、借金の基礎知識について学んでもらいたいと思っています。
しかしその前に、そもそもお金とは何かをご説明したいと思います。
お金とは何かが分かれば、生活の中でもっとお金を意識することになるからです。
お金を意識するようになると、お金を使う事、お金を稼ぐこと、借金をすることに敏感になり、より得をしたいという意識が芽生えるためです。
ですからまず、お金の意識を高めてもらうために、お金の勉強をしてみましょう。

 

 

私たちの生活の中で、お金はとても大切なものです。
現代社会はお金で物を「買う」社会になっているからです。

 

原始時代は餌を取ってくるという生活でした。
狩猟、植物の採取などです。
そのうち、知能、文化が発展してくると、その中に栽培が出てきます。
すると、コメが欲しいけどないという状況が出てきます。
しかし手元には木の実はたくさんある。
そこで、コメを持っている人に、木の実と交換を頼むことが出てきます。
物々交換というものです。
しかし、さらに文明が発達していくと、物々交換では物がかさばって、運ぶのが困難、面倒になり、これをなんとか解決しようと思うようになりました。

 

そこで登場したのがお金です。
物々交換の仲介をするものです。
このお金を木の実1個の価値があるとしよう、そのお金10個分で米1杯と同じ価値があるとしよう。
つまりお金を10個もって行けば、木の実をもって行かなくても、コメを持っている人と米1杯分をもらうことができるのです。
この行為を木の実側の人から見ると、「買う」というようになりました。
逆に米側の人から見ると「売る」と言うようになりました。
これがお金のやり取り意味で、意義です。
よって、お金が私たちの生活の中でとても大事なものになったのです。


お金とは何か

上記の様に、お金の大前提は、「設定」にあります。
このお金を木の実1個の価値が「あるとしよう」という設定です。
つまり、この設定が成り立っているからこそ、お金が機能しているのです。
お金を使う人たちが、この設定を受け入れて、納得しているから、お金が機能しているのです。

 

その「木の実1個の価値がある」という事に納得していない人たちがもしいたら、その人達はお金を使用するコミュニティーの中には入ってきません。
彼らはお金を信用していないのでしょう。
もし何かを売ってお金を持っている時に、そのお金を使っているコミュニティーが、やっぱりお金と言う制度を廃止しようとか、「木の実1個の価値がある」という設定を取り消そうとか言いだすと、持っているお金の意味がなくなってしまいます。
売ったものの分だけ損をしてしまいます。
そのリスクがあるために、お金を信用しないで、お金を使うコミュニティーに入らなかった人たちがいても不思議ではありません。

 


お金の信用性

しかし、現代の社会において、お金に不信感を抱いている人はいないでしょう。
つまり、このお金が紙くずになって、売った分だけ損をするとか、働いた分をお金でもらっているのに、その分だけ損をしてしまうリスクがあるから、お金を信用していない、物は常に物々交換をしたい、働いた対価は物で欲しいと思っている人はいないでしょう。
なぜなら、お金が紙くずになる事はないからです。
なぜ、お金が紙くずになる事はないのか。
それは、お金が紙くずにならない事が保証されているからです。
そうならないように守られているからです。
物々交換の仲介や、労働の対価としてお金が機能することが、半永久的に保証されているからです。
お金が価値を失って、紙くずになる事はないからです。

 

なぜか。
それは国がお金を保証しているからです。
国がお金は絶対に紙屑にはなりませんよ、守りますよ、安心してくださいと言ってるからです。
でもそんな言葉は聞いたことが無いと思います。
それは当たり前のことだからです。
国の存在意義の一つに、もしくは基本的義務の一つに、通貨を保証するということが当たり前の様に入っているため、私たちは、その国の言葉を意識することがないのです。
世界で国が通貨を守るようになって数百年から、地域によっては何千年とたっていて、お金文化が成熟しているために、当たり前のことになっているのです。


お金はなぜ信用できるか

しかし、お金が、通貨が紙くずにならないのは国が守っているからだとすると、大前提として、その国が安定して存続しつづけなければならないことが挙げられます。
例えば隣国に攻め込まれて、その通貨を廃止します、もう一度物々交換からやり直しますと言いだしたら、その国のお金は紙くずになります。
もしくは革命が起こり、国がひっくり返り、通貨に関してはおいおい考えますとか言い出したら、持っているお金が紙くずに変わる可能性があります。
日本ではそんなことはありえないので、お金が紙くずにはならないという安心感があり、国がお金を守りますよという事をあえて言わないし、国民もその言葉を確認したいとも思わないのです。
暗黙の了解であり、安心しきっているために意識しないルールなのです。

 

お金のことが少し分かってきたところで、得する借金の仕方の基礎知識を説明していきたいと思います。
このサイトに興味がある人は、借金をうまくやりたいと思っているほかに、色々お金で得したいと思っているでしょう。
色んな知識があれば、相互に役に立つと思います。
クレジットカードの知識があれば、カードローンのブラックリストの仕組みについて詳しくなるかもしれません。
クレジットカードの審査やブラックリストの単語で検索してみれば勉強になると思います。
副業で稼ぎたいと思っている人は、いくつか検索してもいいですし、せどりと検索するのもおすすめです。
また、車を配車する時に得をしたいと思っている人はhttp://xn--s-6n3bn57dyrvjjc.com/こちらのサイトが役に立つでしょう。

 

お金の知識は大切です。
人生に必ずプラスをもたらします。
このサイトがそのお手伝いになれば、幸いです。